Page: 1/136   >>
経小屋山 〜ふるさと山 第二弾〜

コース:実家最寄りバス停=(おおのハートバス)⇒大野浦駅→妹背の滝→経小屋山(596.2m)→宮浜温泉「べにまんさくの湯」⇒実家最寄りバス停

 

山行く朝

気をつけてという

ひと幾人

 

遠距離介護でGWに帰省中です。

ゴミ出しやらなんやらの合間に実家周辺の山を登山していて、5/2に続く第二弾です(第一弾は後回し)。

広島県廿日市市のコミュニティバスを利用すれば、実家からマイカー並みの登山ができることを発見!

往復交通費200円で登山ができる!とハハ様に言いますと、「子どもが遊園地に行くより安いね」と。

確かにね、笑。大人の遊びだ。

 

↑大頭神社

 

実家付近のバス停から、まずは妹背の滝に向かう。

休日のバスのコースはちょっと難しい。妹背の滝バス停には止まらなくて、手前の滝の下で降りたらよかったらしい。

ガイドブックは大野浦駅からの歩き出しなので、まあいいやと過ぎたバス停で降りた。

 

↑妹背の滝

 

大頭(おおがしら)神社にお参りし、その背後にある妹背の滝へ。

なかなかの迫力です。

滝から少し戻って石階段を登り、ハイキングコースに入ります。

城山を経て経小屋山へ向かうコースと分け、沢沿いのコースで向かう。

今日は暑いので、少しでも涼しいコースで。

 

↑大頭神社の境内からハイキングコースにつながる階段を上る

 

緑濃い日蔭のコースをしばらく淡々と歩き、経小屋山への登りに入ると明るいコースに。

ときどき赤が鮮やかなツツジがまだ咲き残っています。

 

↑経小屋山ハイキングコース

 

↑毛虫くんこんにちは

 

↑尾根に上がると海が見える

 

↑ハイキングコース

 

経小屋山は広い山頂で、あずまや、ベンチがあり、遠足登山にも向きそう。

 

↑経小屋山山頂

 

↑山頂付近より

 

↑あずまや

 

朝スーパーで買ってきたおにぎり弁当をいただき、宮浜温泉に向かう新道を下山コースに選ぶ。

けっこう急で滑りやすい土質なので、経験者向きと思う。

瀬戸内海、目の前の宮島や周防大島などを眺めながら下るとすぐにあずまやのある展望地に出ました。

 

↑展望ポイントより

 

こんないい場所と知っていたら、ここで昼食にするのでした。

今日のコース、一番のビュースポット!

ハハ様の暮らす地の山は美しいのだなあ……!!

牡蠣筏が浮かぶ様子もこの地ならではの風景です。

 

↑つつじ

 

↑コースの様子

 

↑270m展望地

 

そのあとも、瀬戸内海や岩国(山口県)の工場群を見やりつつ、足もとは慎重に下り続け、宮脇温泉に着きました。

コミュニティバスの時間を確認し、ゆっくり温泉に浸かり、バスの時間まで間があるため2階の食堂で抹茶ソフトをいただいて帰路につきました。(5/26UP)

| りこ&とこ | 18:00 | comments(2) | - |
河平連山 〜ふるさと山 第一弾〜

コース:玖波駅=9:10(大竹交通・バス)⇒9:21松ヶ原農協バス停→登山口→馬ヶ峰→鞍部→1号峰→天狗岩→0号峰→1号峰→2号峰→3号峰→4号峰(水神釜)→5号峰(河平山・555.2m)→6号峰→7号峰→8号峰→東登山口→玖波駅

 

↑コースマップ

 

2019年のGWは帰省。

ハハ様が1月に骨折入院し、そのときに発覚した病気の治療を始めたので、その服薬管理が一番の目的で、連休中にある3回のゴミ出し日がすべてからむような日程で帰省しました。

せっかくなので、地元の山にも登るのだ。

 

↑玖波駅

 

↑松ヶ原農協バス停前

 

山陽本線の最寄り駅から玖波(くば)まで移動し、大竹市のコミュニティバスを利用して松ヶ原農協バス停で下車。

よく整備された登山コースです。

 

↑登山口に向かう道より河平連山を仰ぐ

 

↑シャガ

 

↑登山口

 

↑コース出だし

 

私以外の登山者がおらず、一人登山口よりコースに入る。

蒸し暑いですが、ところどころに俳句が配され、地元の人たちに愛されている山なのだなと思う。

 

↑前方に天狗岩が見えてきた

 

天狗岩を仰ぐポイントより鞍部に登り着き、最初の登頂が1号峰

そこから天狗岩を往復し、0号峰を経て八畳岩へ。

素晴らしいビューポイントだったため、スマホで動画でぐるりと撮影したら満足し、静止画を撮るのを忘れました。

絶景は、ツイッターのほうで見てほしいな。⇒りこ@tengyama2019

 

↑天狗岩

 

↑八畳岩

 

とはいえ、1号峰まで戻って尾根の先へと進むと、5号峰前後を中心に景色はバツグン。

なかなか爽快な登山です。

 

↑登山道

 

↑尾根からの眺め

 

↑4号峰・水神釜

 

河平山(5号峰)の山名標識に「廿日市20名山」とあり、そういうものが選定されていることを知る。

 

↑河平山山頂

 

↑ビューポイント

 

虫が多く、ときどきハッカ油を吹きかけつつ歩きました。

植生はツツジ科が多い印象。

 

↑コースの様子

 

8号峰から県道に下り、あとはひたすら玖波駅まで歩きました。

コミュニティバスは休日は3本しかなく、帰路に使える時間がないのだ。

 

↑岩国の工場地帯が見える

 

玖波駅からは家の近所のバス停まで行くコミュニティバスがあり、1回の乗車150円。

他にも身近に登れる山がいくつかあるので、東京・広島間を行き来するときのお楽しみに廿日市20名山の山行を加えましょう。

全山を登頂すると、記念のバッジがもらえるそうです。廿日市市もなかなか粋なことをしますね(o^^o)。(5/27UP)

| りこ&とこ | 18:00 | comments(0) | - |
笠間・吾国愛宕ハイキングコースで、春山満喫

コース:福原駅→吾国山(618.2m)→道祖神峠→難台山(553.0m)→獅子岩峠→南山展望台→愛宕山(308m)→岩間駅

 

なかなか山に行けない、天狗yearですが、隙間の日曜日に茨城県の山へ。

カタクリの群生地に涙し、約18kmで春の芽吹きに感謝しながら歩きました。

考え事、メールやりとりをしながらの山行で、記録をろくにとっておらず、自分のための記録です。

参考になる山行記でなくすみません(まあもともとそうだけど;;)。

 

↑福原駅

↑道しるべがポイントごとにあり安心。吾国は元は「我国」なのかな

↑鳥居と吾国山

↑コースの様子

 

コースに入って30分くらいだったでしょうか、ポツポツと咲くカタクリに感激し、今日初めてすれ違うかたにカタクリが咲いていることを伝えると、逆にこの先の群生地が満開であることを教えてもらいました。

笠間市HPからダウンロードした地図にある群生地がまだ先らしい。

わくわくしながら歩を先に進める。

 

↑今年初めて逢うカタクリ

↑芽吹きの季節のコース

↑美しい芽吹き

↑柵が設けられ、保護された群生地

 

↑カタクリ/片栗(ユリ科)

↑カタクリ群生地

↑吾国山より

↑コース上のビューポイントにて

↑コースの様子

↑クロモジでしたっけ

 

曇天ですが、ときどき陽が射し、芽吹いたばかりの産毛をつけたやわらかい新葉が美しい。

1月から3月にかけ、病院山を縦走してきた私。

芽吹きの春山、ロングコースを歩けることが嬉しい。

 

↑コースの様子

↑今日の簡単弁当

↑難台山より

↑何スミレかな

↑屏風岩

↑天狗の奥庭ですって!

↑獅子ヶ鼻

↑大福山

↑団子岩

↑コースの様子

↑南山展望台

 

そろそろ疲れが出てきましたが、お目当ての天狗伝説のある愛宕山はもうひと頑張り。

 

↑さくら祭り開催中の愛宕神社

↑愛宕神社への階段

 

↑愛宕神社にお参り

 

愛宕神社にて天狗ハンコのつく御朱印をいただき、あとは車道を歩いて岩間駅へ。

久しぶりにがっつり歩き、心地よい疲れで帰路につきました。(4/21UP)

| りこ&とこ | 21:00 | comments(2) | - |
おやつ2018-19冬

2018年12月から19年2月にかけてTwitterでつぶやいたお菓子、台所記事です。

 

12.5 wed. 柚子蒸しパン

 

秩父で買って帰った柚子を昨夜のうちにジャムにし、柚子蒸しパンを作りました。

粉も秩父の地粉を使用。

参照したレシピは蜂蜜入りでしたが、入れないで柚子ジャムを増量、柚子を愉しむ蒸しパンに。

柚子皮の苦みがアクセントになり、今日は大成功!と自画自賛。 秩父駅前で行商したいくらいよ、笑。

 

12.7 fri 手羽元の柚子醤油煮

 

忘年会の差し入れに、手羽元と卵を柚子醤油で煮ました。

秩父産柚子を2個使い、蓋を開けると湯気に柚子香がふわぁと乗って、朝から幸せな気分(o^^o)。

水曜の柚子ジャムとともに、『馬路村農協のゆずレシピ』を参照しました。

調味料は家にあるものに大幅に変えますが、工程を教わります。

 

12.12 wed. 全粒粉クッキー

 

全粒粉を使って何か作りたいなと思い、クッキーに。

レーズン&くこの実、ココア生地ナッツ入りの2種。

また、うちの古い安物のオーブンレンジのクセを知りたくて、温度を変えて3回焼いてみた。

94年製なのだが火力が強いみたい。レシピ通りだと底が焦げる、ということが判明(ーー;)、トホ。

 

12.15 黒豆蒸しパン

 

明日の山のおやつに黒豆蒸しパンを作りました。

黒山ゆかりのメンバーなので、黒豆を主役にして、有機むき栗をオマケ。

生地はプレーンにして、白黒のコントラストを狙いましたが、黒豆の汁で色がついてしまった。

しっかり汁気をきればよかった。

どうも詰めが甘いんだよなあ。 味は安定、合格。

 

ヨーグルトフルーツマフィン

 

凝り性もほどほどにしないとと思うが、本日第2弾。

マフィンは撤退も頭によぎったが、低温で試作。

安い粉、ヨーグルト、ミックスフルーツで。

うまいこと膨らんでいき、初めて納得できるフワフワしっかりの仕上がりに、涙。

が、週末に大量生産してどうするねん。→出かけ先で押しつけ予定、笑。

 

12.17 mon.殻付き牡蠣

 

親戚から牡蠣をいただく。

今日は殻付きを新鮮なうちに酒蒸し。

味は柑橘を絞るだけで、大御馳走。

今日の晩酌は贅沢〜(o^^o)。

殻をとってあるものは冷凍し、年末年始の鍋かな。

 

12.19 wed. ツリーマフィン

 

水曜おやつの日。

クリスマスを意識したマフィン。

もみの木に雪が積もったイメージにしたかったのですが、例によって思ったようにいきません。

余った生地で後で焼いた4個のほうが、飾りつけしたツリーみたいになったような。

下はブランデーレーズン入り生地、上は抹茶生地、真ん中にナッツ。

 

12.20 thu. 麗ちゃんお好み焼き

 

普通に会社に行き、昼休みに今週末のJR切符を購入したら、夕方に重い仕事がきて連休の寄り道登山&帰省は中止⤵︎。

帰宅時電車遅延、遅い帰宅⤵︎ お歳暮にハムが届く⤴︎ 晩、お取り寄せしたお好み焼きを焼き、ワインを呑む。うま⤴︎

私の半世紀生存記念日は普通の日、まあまあな日。淡々と(^^)。

 

12.27 thu. 金時豆蒸しパン

 

春から始めた会社用おやつ作りも今年最後になりました。

ラストは出来が安定の蒸しパンに。

抹茶生地の中に北海道から連れて帰り冷凍していた金時甘納豆を加えました。

ところが、中鍋2個で同時に蒸していたのが、片方に水を入れ忘れ、途中で追加、ジュワ〜。

慌てましたが、普通にできた、ホッ。

 

12.28 fri. 牡蠣のオイル漬け

 

牡蠣のオイル漬けを作りました。

いただきものを休暇の呑み用に(o^^o)。

レシピいろいろありましたが、今日の料理で紹介されていたのが、ある材料( オイスターソース、にんにく、ローリエ、赤唐辛子)でできるため、そちらを参照。

持ち寄り用と家用と瓶を分けて保存。

開けるのが楽しみ!

 

12.29 sat. マフィン、手羽元柚子醤油煮、ジャーサラダ

 

今日から休暇〜!

呑み友と夜通し呑むためW、朝から台所で大奮闘。兼家用。

ブランデーフルーツマフィンを焼き、ジャーサラダを作り、手羽元の柚子醤油煮。+昨日作った牡蠣のオイル漬けと取り寄せたお好み焼き。

地元のパン屋さんで蕎麦粉のバゲットを買っていくのも忘れずに。

お酒は友に任す。

 

1.6 sun. チョコ入りベビーカステラ

 

こちら、ブログにて初披露のベビーカステラ。

休暇中に安売りのタコ焼き器を買い、1月の初おやつ(1/9はみんなの帰省土産がまだありそうなので1/16で予定していた)に中身がわからない福ベビーカステラを企画し、ひそかに?練習したもの。

このあと、三連休に帰省したときに母が怪我をしており、通院、入院、手術となって東京・広島間を3往復。

そんなドタバタした日々で福ベビーカステラは日の目を見なかったのでした…。

 

1.23 wed. ポテトチップス

 

今週の水曜おやつの日はお休み、と思っていましたが、母入院騒動で消費できないでいる野菜たちを救出すべく、ポテトチップスを作りました。

スライス→揚げる→塩・胡椒。以上(^ν^)!

 

2.6 wed. サーターアンダギー

 

水曜お菓子の日。

まだ少し忙しいので、簡単おやつで、ちびサーターアンダギー。

ホットケーキミックスと小麦粉が半々で、きび糖、スキムミルクとココナッツミルク、卵、水。

低温でゆっくり揚げました。

 

2.11 mon. 高野豆腐の煮物

 

母、おととい退院しました。

コメント他、ありがとうございました。

退院後は近県在住の兄弟に任せ、私は別件の心配事に移りました(-。-;。

次に行くとき、流行りの?高野豆腐のおかずを作ろうと思い、上手に煮含める練習中。

家族を健康にしたい、願。

爆買いしたので、しばらく続くかも〜、笑。

 

2.13 wed. チョコマフィン

 

バレンタインデーが明日なので、今日の水曜おやつの日は、チョコレートマフィンを作りました。

Mizukiさんのレシピを参照し、ブランデーを足してレーズンを飾り大人系に。

チョコはガーナを使用。

バターを使わないマフィンは初めてでしたが、しっとりしていい感じ。成功d(^_^o)。

 

2.14 thu. 秘密のチョコレート

 

こちらもブログで初お披露目。

担当誌の編集室より、いただいたの。

配れるほどなかったので、担当の二人でいただきました。

みんな、すまない。

 

2.19 ジンジャーシロップ

 

手話のイベントで、ジンジャーシロップを作る。

すべての説明が手話なので(^^;)、初心者の私はついていけないですが、このところの勉強の成果で、少しはわかる・伝えられるようになってきて、楽しい時間でした。

おやつタイムもあり。

出来上がったシロップは、おやつ作りに使うつもり(o^^o)。

 

2.21 thu. ノラネコぐんだんクッキー

 

ノラネコぐんだんクッキーを焼きました。

昨年末にプレゼントでもらった『ノラネコぐんだんはらぺこレシピ』というレシピ本で。

「かんたんだよね かんたんだよ」とネコぐんだんが語りかけますが、めんどくさかった、笑。

量産できないし。

手作り生姜シロップ入り。

明日、猫の日のおやつに♪

 

2.22 金柑の甘露煮

 

冬の間に、風邪予防に金柑の甘露煮を作りたいと思っていたのをすっかり忘れていました。

先週のコープで見つけ、思い出して注文。

昨夜コトコト煮てみました。

浅い切り込みが深い切り込みになってしまいましたが(^^;)、まあいっか。

本日のお弁当に添えて。

「春姫」という名前の金柑。

 

2.26 tue. しいたけ栽培中

 

家の中でしいたけを育てています。

先週キットが来て、設置するとすぐににょきにょき芽が出てきて、押し合いへしあい苦しそうだったので、今朝すこし収穫。

自家製しいたけは肉厚で味が強くなく色が薄いので、料理に使いやすい。

ベーコン、ほうれん草とともにオープンオムレツに(o^^o)。

 

2.27 wed. 金柑と生姜の蒸しパン

 

金柑と生姜の蒸しパン、上手にできました。

最近作った金柑甘露煮と生姜シロップを使用。

生地は紅茶で、と相性がよさそうなものを組み合わせたら、香りのよい生姜がアクセントの美味しい蒸しパンに!

今日の水曜おやつは食べないと損するよ〜、おいでおいで〜〜。

うち校正屋さんですけどね、笑。

 

2.28 thu. 大学病院のランチ

 

大学病院の日替わりランチ也。

豚バラ肉の角煮オレンジ風味ですって。

おしゃれなグラスサラダにバゲット入りスープ、食後のコーヒーはお代わりOK。

今年に入って心配事が重なっていますが、ここのランチは楽しみの一つにしようっと(^ν^)!

 

(3/9UP 風邪を引き山に行けない週末に)

| りこ&とこ | 15:00 | comments(0) | - |
神まわり・天狗山経由で、宝登山へ

コース:野上駅→御嶽山→天狗山(342m)→野上峠→小鳥峠→宝登山(497.1m)→長瀞駅

 

前の山行からひと月以上もあいてしまった。

1月に山友達と蠟梅(ロウバイ)目当てで行く予定を中止してからひと月たち、一人で行く。

 

↑本日はシャケ弁当

 

↑野上駅

 

↑長瀞アルプスを眺めつつ登山口に向かう

 

野上駅から歩きだし、御嶽山を経由し長瀞(ながとろ)アルプスに合流するコースを「神まわりコース」と呼ぶらしい。

野上駅でハイカーがたくさん降りましたが、皆さん萬福寺より長瀞アルプスを縦走のようで、神まわりコースへ向かうのは私だけでした。

 

↑登山口

 

↑細い階段がついている

 

登山口には鳥居が立ち、コース初めのほうでは細い階段がつけられ、よく整備されている。

九十九折れになるあたりから、「神様」がぽつぽつと現れます。

 

 ←一心神霊

 

↑雑木林が美しい

 

 ←摩利支天

 

↑ビューポイント

 

 

↑秋茶神社、八波山大神

 

山麓より、防山稲荷大明神(私は見落としたよう)、一心神霊、摩利支天、秋茶神社、八波山大神、防山不動明王、琴平神社、普賢神霊、白峰神社、三笠大神、御嶽大神、覚明神霊となります。

家族の健康を祈りながら、一つひとつ手を合わせて歩きました。

 

  

↑坊山不動明王、琴平神社、普賢神霊

 

↑普賢神霊のあと細い道に入る

 

 

↑白峰神社、三笠大神

 

 

↑御嶽大神、覚明神霊

 

御嶽大神の立つ御嶽山のあと天狗山へ。

天狗山と思しきピークに山名標識はなく、山地図アプリで登頂を確認できただけでした。

天気がよくぽかぽかの陽気の中、青空をバックに雑木林が美しい。

 

↑青空と雑木林

 

天狗山から下っていくとほどなくして、長瀞アルプス縦走に合流。

神まわりコースでは誰に会いませんでしたが、縦走路では絶えず登山者が行き来していて人気のほどがうかがえます。

お腹が空いてきたので、小鳥峠付近の丸太ベンチでティータイム。

いただきものの葉っぱの形のコーヒークッキーとカフェオレ。

 

↑ナラ沢峠で車道に合流

 

↑タマゴテングダケは猛毒と!

 

ナラ沢峠で車道に出、再び登山道に入ると、急登。

前回の山行からひと月以上あき、身体がなまってキツいかと思っていましたが、ここまで問題なく歩けました。

最後のひと登りをゆっくりゆっくり登って、三回目の登頂。

 

↑最後に急登

 

三回登った山はたいてい卒業をしているので、宝登山は今回が最後かもしれない。

山頂からは秩父の山々が望めます。

たくさんの登山者でにぎわう山頂ではベンチは空いておらず、木の根元に腰かけてお弁当をいただきました。

 

↑宝登山山頂

 

ロウバイは見頃を過ぎていて、残った花で楽しみました。

また、隣接する梅百花園は紅梅、白梅ほかたくさんの梅が咲いていて、ほかに福寿草、マンサクも楽しめました。

 

 

↑ロウバイと梅

 

↑福寿草

 

↑マンサク

 

このあと車道と山道を織り交ぜながら下山し、宝登山神社にお参りして締めました。

長瀞駅に移動すると、電車の時刻まで20分ほどあったので、付近のお土産屋さんで秩父のワインと豚肉の味噌漬けを買って帰りました。

どちらもとても美味しかったです(*^^*)。

(3/9UP)

 

***

神まわりコースを参照したページはコチラ

| りこ&とこ | 21:00 | comments(0) | - |
初登りは、足利天狗山

コース:足利市駅→織姫神社→両崖山(251m)→天狗岩→天狗山(258.6m)→かわら山(202m)→須永山→観音山(154m)→常念寺→足利市駅

 

↑天狗山ハイキングコースの案内板

 

初登りは、天狗山から参りましょう(o^^o)!

今年登る予定の他の天狗山との区別のため、タイトルは「足利天狗山」としました。

 

ハイカーの味方、東武線、始発の浅草駅から各停で向かいます。

今日はゆる登山ということで、mちゃんが付き合ってくれました。

夜明け前の浅草の風景が綺麗。

 

↑夜明け前の浅草駅前

 

足利市駅で降り、駅内の観光案内所に寄ってみると、「足利市ハイキングマップ」を入手することができました(見やすいがざっくりとした地図のため、歩くときは持参の地図を使用)。

中橋で渡良瀬川を渡ります。

橋の上からこれから歩く山並みを仰ぐことができます。

 

↑足利市駅

 

↑中橋から山並みを仰ぐ

 

まずは織姫神社で初詣。

御朱印をいただき、お守りを買いました。

今日まで持っていた大山の阿夫利神社のものは、こちらにお返し。

 

↑イノシシ年ですが、イノシシに注意

 

↑織姫神社

 

↑御朱印とお守り

 

トイレの手前よりハイキングコースに入ります。

関東ふれあいの道のコースにもなっていて、道しるべが多めなのが助かります。

 

↑登山口

 

しばらく行くと展望台があり、そのさらに上にもあずまややベンチがあり、こちらで着ているものを調整するために休憩。

その際、ザックを下ろして気づきました。ザック側面のポケットに入れていた水筒がなくなっていることに!!

ザックが古く、ポケットが伸びているためいつもはキャップのヒモに固定しているのに、今日は固定できない小水筒を持ってきてしまったのだ。

小水筒のときはポケットの深い小ザックの組み合わせにしているのに、間違えた。

待ってるから織姫神社まで戻ってみたらとmちゃんが言うので、探しながら戻ったら、やはり物を出し入れした織姫神社にありました。

先ほどの御朱印とお守りの社務所に届けられていた。ありがとうございます!、涙。

 

↑展望台

 

↑展望台より足利の街を見下ろす

 

走ったり早歩きしたりして戻ると、なんだか登山道に入る前に疲れちゃいましたが、鈍足自慢の?mちゃんとなので、ゆるペースでいきましょう。

 

↑冬枯れの登山道

 

冬枯れの登山道からは足利の街並みが見下ろせ、浅間山、日光の白い峰もチラチラ。

陽がよく入る明るいコースで、冬の山歩(さんぽ)に好適です。

 

↑岩がちの箇所もあり

 

今日は天狗山で昼食と考えていたけれど、落とし物をして行ったり来たりしている間にお腹がすいてきてしまいました。

また、ぜんざいをしようと張り切ってバーナーと材料を担いできたから( だから低山なのに中ザック)少々重いのもあり、両崖山で大休憩としました。

 

↑御嶽神社のある両崖山山頂。大きなタブノキも

 

御嶽神社のある両崖山に登頂し、境内で飲食するのもよくないかなと、階段下にあるテーブルベンチへ。

コッヘルに湯とよもぎ餅を入れてバーナーにかけ、餅が少しやわらかくなったところで、ゆで小豆を投入。

熱々をいただきま〜〜す。

甘党のmちゃんがペロリと食べてくれました。

 

↑よもぎ餅のぜんざい

 

お腹が満ちたところで、天狗山に向かいます。

岩がちな急坂の下りを慎重に下り、ロープのある天狗岩を経由し(mちゃんは巻き道)、天狗山山頂へ。

山頂は360度の展望で、白い峰の日光連山、浅間山ほか確認でき、足利の街並みを見下ろせます。

山名標識に天狗のお面がついているのがご愛嬌。二等三角点があります。

 

←天狗山ハイキングコースを指す道しるべ

 

↑天狗山

 

↑好みの雰囲気

 

↑天狗岩へ。ロープあり

 

↑天狗岩からの眺め

 

↑天狗山山頂

 

↑天狗山山頂からの眺め

 

しばらく眺めを楽しみ、惜しいけれど、下ります。

 

 

↑岩がちだったり、道がやせていたり

 

このあと、202mのかわら山、須永山、154mの観音山と登ったり下りたりしていく。

エスケープルートが何度かあるものだから、そのたびにmちゃんが「こっちのが早いんじゃない?」などと言い、「下ったのにまた登るなんて非合理的だ」とブツブツが始まる。山に合理性を求められても(^^;)。

私のほうは参照した地図上の地名と山アプリのヤマップの地図、各山頂の山名標識が一致していないことが大いに!気になっており、なだめたりすかしたりしている場合じゃないのだ。ほっとこ、笑。

 

↑標高154m地点に「須永山202m」の標識

 

まず202mポイントにヤマップは「須永山」としているが、地図は「かわら山」としていて、山名標識はなかったように思う。

そして、標高154mの場所に地図は「観音山」とあるのだが、そこに「須永山202m」の山名標識が堂々とあるのだ。

この山名標識、間違えて設置していると思う。少なくとも標高は違うし(^^;)。

ヤマップには「154」とあるのみ。

遭難するような標高の山でないのが幸いですが、訂正を求む。

参照した地図は宇都宮ハイキングクラブ編の『栃木の山150』で、国土地理院の地図と照らし合わせても、こちらが正しいように思われる。

ただし国土地理院の地図は、標高のみで地名の記載は両崖山のみなので、確認できませんでした。

 

↑庚申塔群

 

登山道が歩きやすくなってきたなと思うと、丸い庚申塔がびっしり並ぶ寺の境内に出て、階段を下ると常念寺の前に下ります。付近にはトイレなし。

 

まだ時間が早いので、観光する?と訊くと疲れたからいいと即答で、往路と同じく鈍行でのんびり帰路につきました。(1/5UP)

| りこ&とこ | 21:00 | comments(6) | - |
明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

更新の間隔が長いときもありますが、山行記だけは残すようにしております。

日々のことは一日一ツイートしています。

こちらもどうぞ宜しくお願いいたします。

りこ@tenguyama2019

 

 

昨年は猫のとこさんが夏から秋にかけて何度か調子が悪くなり、夏の旅を延期して病院に行ったり服薬したりしていましたが、今はすっかり元気で新年を迎えることができました。

今年も遠出できないときもあるかもしれませんが、調子のいいときを見計らいつつ山を楽しもうと思います(*^^*)。

2019年は「19(てんぐ)」ということで、天狗の山に登ります。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

りこ&とこ

 

| りこ&とこ | 18:00 | comments(4) | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Profile

Recommend

明日の天気


-天気予報コム-

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode