Page: 1/7   >>
とこのニュートイレ

昨年あたりから、ときどきトイレを失敗しちゃうとこちゃん。

私がお世話をする分には片づければいいだけなので、下に犬用のトイレシーツを敷いたりしていたのですが、mちゃんに世話をお願いしたりするときのことも考えて、浅くて大きいトイレに買い換えました。

深さのある小さめを長く上手に使ってくれていたので、場所をとらずにすんでいたのですが、だいぶ大きく感じます。

とこちゃんのお風呂みたい!!と思い、猫砂を入れる前にちょっとイタズラしちゃいました。

ばばんばばんばんばん♪

 

↑お風呂みたい(固まってる;;)

 

↑いい湯加減ですか〜?(固まったまま;;)

 

替えて、段差をなくすためにレンガを一個縁に置いて設置したら、一発でばっちり。

失敗もなし。

洗面所に設置しているので、洗濯のとき少々邪魔だけど、手間は減りました。

もっと早くに対策すればよかったわ。

| りこ&とこ | 21:00 | comments(0) | - |
暑中お見舞い申し上げにゃ

暑中お見舞い申し上げます。

強烈に暑くなってまいりました。

とこ姫は、冷房の風が最も当たる床ど真ん中にて涼んでおります(人の動線は完全無視)。

 

ここがいちばん風がきて涼しいところにゃ

 

夏本番はこれからというのに、とこ姫はすでにだ〜らだら。

「暑中見舞い用の撮影なんだから、もう少しシャンとしたら?」と言ってみたら、しゃきんと起き上がりました。

「ごはんと勘違いしたのかなあ……?」

 

↑しゃきん、おめめパッチリ

「しょちゅもうにゃ〜〜」

| りこ&とこ | 07:00 | comments(0) | - |
鳥啼歌と2017年

とりなくこゑすゆめさませ

みよあけわたるひんかしを

そらいろはえておきつへに

ほふねむれゐぬもやのうち

 

明けましておめでとうございます。

この歌、何だと思いますか?

昨年はじめた習い事で、この歌のことを知りました(何の習い事かバレちゃうかな、笑)。

「鳥啼歌(とりなくうた)」というのですが、明治36年に新聞で募集された新しい「いろは歌」の一等に選ばれた歌だそうです。

とても綺麗な調べでしょう?

漢字を入れると、

 

鳥啼く声す 夢覚ませ

見よ明け渡る 東を

空色映えて 沖つ辺に

帆船群れゐぬ 霧の中

 

となるそうです。

(ウィキより)

口語訳をネットで探すと、

 

鳥の鳴く声がします

夢の世界から目覚めなさい

ごらんなさい

日の出の東の明るい空を

暁の空の色に染まる

水平線のかなた

朝もやの中

帆船が集まっています

 

とありました。

なんだか年の始めに相応しい歌と思い、紹介してみました。

山を歩いているときに頭の中で口ずさむのにもよさそう。

 

いつも、あるいはときどき、「山歌」を覗いてくださり、ありがとうございます。

2017年は、昨年に引き続き干支シリーズで、「とり」をテーマに山を歩こうと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

りこ&とこ

| りこ&とこ | 03:00 | comments(2) | - |
習い事と外ごはん

習い事を始めました。

先月、mちゃんとお喋り中に思いつき、勢いで二人で入会してしまいました。

見学に行った11月がたまたま無料体験月だったこと、その期間に3回続けて行けたことで勇気を得て、12月から正式に申し込んだのでした。

何の習い事かというと、それは恥ずかしいのでまだ内緒で、ともかくも一年間は続ける!と目標を立てました。

ちゃんと続けられるようレッスンのあとは外ごはん!と人参もぶら下げまして、毎週レッスン日の夜は「外ごはんの日」ということに。

二子玉川から自由が丘のエリアで、いろいろな食堂に入ってみたいと思っています。

 

↑お魚ダイニング IZUMIYAさんでは刺身定食

 

↑北海さんで肉ニラ定食

 

↑久寿屋さんで蕎麦と天丼の定食

 

……なのですが、今のところ定食屋さん、蕎麦屋さん、中華の店とかしか行っていません。

気になる茹で上げパスタの店とか〜、お店の前をワインの空き瓶をオシャレに並べているジビエ料理の店とか〜、そういうのはmちゃんが首を縦に振らないのです。

タイ料理とか〜ベトナム料理とかの〜お店も私は気になるんだけど〜、私が入ってみたい食堂に辿り着くのはまだまだ先になるかもなあ。

おまけに12月に入ってまもなくmちゃんが大風邪をひき、2週間続けて蕎麦、うどんで今年のレッスン日が終わってしまいました。

来年の初レッスンは、自由が丘のおされでなー(お洒落ディナー)で始めようね?

ね!?

 

↑更科さんの日替わり。この日、mちゃんはたぬきうどん

 

* * *

 

連休を利用して帰省しています。

初日は寄り道登山でしたので、その山行記をまたのちほど。

翌日は尼崎のE子さん宅にご挨拶に伺い、お寿司をご馳走していただきました。

 

↑ご馳走

 

さてさて、週一とはいえ外食が続いた上に牛窓の親戚から美味し〜〜い牡蠣が届いたりもし(もちろん大喜びよ)、しかも!!先月より体重計が壊れていて、体重計に乗るのが登山のあとの温泉に入ったときだけ!という最近なので、本当にほんとうに危機的状況になってまいりました。

 

↑めちゃうま、殻つき牡蠣

 

やばい、このままでは自分が重すぎて、山に登れなくなってしまいます!!

なのでなので!!、後に引けないよう、聖夜に誓いを立てるのであります。

年末年始の間で、元に戻す〜〜(>_<)!!!

| りこ&とこ | 18:00 | comments(0) | - |
うち呑みで、カープ観戦

第3戦からテレビ観戦している日本シリーズで、ついに第5戦にして日本ハムに王手をかけれれてしまいました。

「今日は気合入れて応援するか!!」と、夕方になる前から観戦用つまみを作りはじめました。

mちゃんがここはりこの席、ここはとこの席、ここは自分と、指定席を用意してくれ(ふかふか座布団を床に並べるだけだけど)、準備万端です

 

↑まずは食材を並べて

 

まずは食材を並べてみます。

コンセプトは「家にあるもの」です。

きょう昼に図書館などに行くために出たとき、近所の市場で長ねぎが5本で180円で、ピーマンが2袋で100円だったのがたいへんありがたい。

特にピーマンは青物が高すぎて買えない昨今において、彩りの役目をはたしてくれるから大助かりです。

その大事なピーマンは温存し、今日は里いもとねぎを使おう。

 

↑飲み物は、本搾り「秋柑」。お気に入り

 

里いもを鍋に放り込み、焼き鳥を焼きはじめたところで、本搾りを開けちゃいます。

里いもは六方むきとかしないの。早く煮えて食べやすい大きさにてきとうに切っちゃう

 

↑焼き鳥、一丁あがり〜

 

↑里いもの甘くない煮物

 

酎ハイが少なくなってきたところで、ワインに移行します。

うち呑み用ワインは、コンビニワイン。気楽に開けられます。

 

↑チーズ入りパンをスライス

 

↑ニョッキを茹でて、イワシ&トマト缶を温めてあえてみた

 

ニョッキはカルディで見つけたものですが、初めて見るmちゃんは、「こんにゃく?」と。

り「ニョッキです」

食べてからも「こんにゃく!?」

り「ニョッキです…」

 

でも確かに見た目は色つき玉こんにゃくで、食感もこんにゃくみたいだった。

イワシ&トマト缶はとっておきだったから、普通にマカロニなどのパスタにからめたほうが美味しかった気がする。

食べ方が失敗だったかもしれない。

 

「とこちゃんの観戦つまみはないの?」とmちゃんが心配するから、

「もちろん、ありますよ」と取り出します。

 

↑とこちゃん用ささみ

 

近頃とこちゃんはごはんの量が減ってきていて、カリカリをあまり食べてくれなくなりました。

猫缶と混ぜたり、ささみと混ぜたりすると食べてくれるので、ささみは最近の常備品です。

 

試合が始まってからも、足りなければまた何か作るつもりでいましたが、まったく目が離せない戦況で、固唾をのんでテレビに食らいついていました。

結果はご承知のとおりで、ゲーム後半、本拠地のマツダズームズームで満塁ホームランを打たれ、ががーーーん!!!

悔しいったら、もう。

今年はカーブがいい調子でしたので、8月にはドームに行き、その後も見守りつづけて迎えた日本シリーズ。

25年も優勝から離れていたチームですから、野球そのものには関心がない私なんて、日本シリーズのやり方が変わったことすら知らなかったんですよ。

そんなにわかファンの我々ですら相当ガッカリさせられた最後の試合でしたから、熱いファンの失望はいかほどかと想像しますですよ。

はあ〜〜〜、がっかりだあ〜〜〜。

| りこ&とこ | 21:21 | comments(0) | - |
とっとこの夏

とこは家猫の世間知らずなお嬢様で、そのためか16歳の今でもあどけない顔をしている。

でも16歳は人でいうと、80歳を越えたおばあちゃんですから、最近、老いを感じさせるようになりました。

昨年はいつもどおりとこちゃんを車に乗せて田んぼのある村まで行ったけど、そのあと体調を崩してしまい、「ああもうこんな無理をさせてはいけないのだな」と猛烈に反省した。

 

↑猫缶うまうま。

いつもはカリカリだけど、週末は猫缶。食べっぷりが違う

 

↑ごはん食べたら窓辺でお昼寝

 

そのあとすっかり元気になったとこちゃんですが、近頃、ときどきトイレを失敗するようになってきた。

でも、子猫のときにうちに来て、1日目でトイレも爪とぎも覚え、元気に家の中をたたたたーと駆けて遊びはじめ、そのあとも元気がとりえで、世話がかからない猫だったので、今ちょっとくらい世話が焼けたとしても、かまわない。

ただ元気でいてくれるだけで、うれしい。

淡々と受け入れ、トイレまわりの拭き掃除をしている。

今は夏というのもあって、留守中にそそうしていると、帰宅したときにニオイが少しきついけどね。

 

↑「もう寝ましょうよ」

先にベッドで待っているとこちゃん

 

↑カメラを向けるとそっぽを向くカメラ嫌いのとこ。

頭の上で手をひらひらさせて、無理やりカメラ目線に、苦笑

 

↑ごろ〜ん。

「知ってる? ここが家の中で風がくるところなのよ!

ちょっとジャマ扱いされるけどね…」

 

でも、ちょっとお世話が増えたため、私の夏休み中に面倒をみてもらうmちゃんは大変だったかなと思いきや、1週間の間で失敗したのは1回だけだったそう。

mちゃんは面倒くさがりやさんだから、とこも遠慮したのかもしれない、笑。

 

↑とこちゃん、乙女の恥じらいは…

「オトメ…? それって食べれるの?」

 

歩く姿が「ぽてぽて」という感じになってきて、ごはんの量が減ってきたとこちゃん。

それでもマイペースで、朝は窓辺、日中はクーラーの風があたる床、ときどき水を飲みに来たり、トイレに行ったり、実に意思的に家の中を移動している、当たり前ではあるけれど。

 

そんな様子を山の日と今日と、家で仕事したりブログ書いたりしていたのもあって、撮り収めてみました。

「とっとこ」というのは、ときどき使っているとこのあだ名。

ほかにも「とこ助」とか「とこ姫」とか、「とこべー」とかキブンで呼んでいるが、「とこ」がつけばちゃんと反応する。

「にゃー」とかわいくお返事するときもあれば、「にゃっ」のときもあったり、しっぽだけで返事することも。

とこもキブンで。

| りこ&とこ | 15:15 | comments(2) | - |
『日本三大霊山』

↑『日本三大霊山』と「トレッキングサポートBOOK」

さて、この春の机上登山も終わり、最後にお手伝いした『日本三大霊山』(ネコ・パブリッシング)も書店に並びました。
身びいきに思われるかもしれませんが、最初に目を通したときから「面白い、売れる!!」と思いました。
日常的に山に入っている者にとって、ありきたりのガイド本は今年やりたい山が特集されているのでもない限りなかなか手にとらないのではないかと思うんです。
ですが、「日本三大霊山」って、すごくインパクトがある。
内容もコースガイドだけでなく、山岳信仰とは何かということにも迫っていて、でも堅苦しいことなく読みやすい内容になっていて、すごくイイ!んですよ。

特に立山信仰の話が私は面白く、たいへん興味深く読みました。
ライターのYさんにそのことを伝えましたら、再校のときにさらに文章をだいぶ差し替えたから、新しい気持ちでまた読んでください、と。
だから私にとっては、二度おいしい『日本三大霊山』なのでした。
三大霊山の富士山、白山、立山の紹介のほか、12座の霊山の紹介もあります。
読みものとしても楽しめる充実したムックと太鼓判!
手にとってもらえましたら、嬉しいです。

ほかに、2016年版のトレッキングサポートブック『八ヶ岳』『アルプス』も発売中でーす。
宜しくお願いいたします。

* * *

というわけで、今は春のあいだにためこんだ用事を少しずつ消化しつつ通常生活に戻していますが、もう夏もすぐそこ!!
今年の夏山は長い尾根を頑張って歩き通す体力が必要なので、大急ぎで体力づくりをしなくっちゃ!!と焦っているこの頃です。
さあ、今度はリアル登山をガシガシ行くとしましょうか!
| りこ&とこ | 21:00 | comments(6) | - |
柚子の村から…
柚子の村、馬路村から柚子製品が届きました。
先週はまるまる一冊、柚子を使ったレシピの本を担当しまして、調べをしたりしているうちに欲しくなってしまったの(笑)。
仕事を終えた段階ですぐに注文したものが、翌々日には届き、さっそく週末の朝食に柚子マーマレードをいただきました。
柚子マーマレードは、とろりとしたなめらかな質感で甘すぎず美味しい。


↑馬路村から届いた柚子製品

登山をしていると、山麓の村で柚子製品を見かけることがあり、柑橘好きの私は心ひかれて買って帰ることもよくありますが、ネットで取り寄せたのは初めて。
いちばん左端は柚子の寿司酢なの。
これで寿司飯を作っておいなりさんにしたら美味しいんじゃないかな、しかもそれを山でいただくのは格別なんじゃないかしら、って今からとっても楽しみにしているの(*^^*)。
| りこ&とこ | 19:43 | comments(0) | - |
牛すじシチューで…
首都圏に今冬はじめての雪が積もった日、ビーフシチューを作りたいなと思った。
光栄な話で、たいへん著名な作家さんのレシピ再現本をいま担当していて、時間のかかる男前料理にしびれ、影響されてしまったの。寒さもひときわでしたしね。


とはいっても、男前なずらりスパイスはうちの台所にはないし、牛肉のかたまりは吃驚するくらい高いしで、肉は牛すじに転び、レシピも結局クックパッドに転びましたけど(^^;)。
ま、仕事は仕事、ふだん時短命!な私の台所事情で、やたらにスパイスやら香菜を増やしても、ねσ(^_^;)。
 


↑「ビーフシティ」用
 
牛すじを長ねぎの青い部分としょうがのかけらとともに2回ゆでこぼし、洗って一口大に切って炒め、湯と赤ワインでじっくり煮込みます。ローリエ入り。
鍋からスープを取り分けて減量し、デミグラスソースを加え、野菜をなるべくごろっとしたままフライパンで炒めては投入し、さらに煮ます。
取り分けたスープを足したり、塩とこしょうで味を加減して出来上がり。



↑牛すじやわらかい。野菜やわらかい。あったまる〜

男前レシピには出てこない、デミグラスソース缶(パルシステム)を2缶あけたので、パスタ鍋にたっぷりとあり、2日目からアレンジも楽しめ、しばらく楽もできました。
 ドリアにして朝食にしたり、市販のカレールーを入れておうち仕事デーの昼食でカレーライスにしたり。



↑卵をぽとんしてドリア
(ミラボオで買った廣瀬慎氏の南部鉄ミニパンで)



↑カレーライス

トマトケチャップを加えればハッシュドビーフだし、ソースかけオムライスまでやると、なんかもうおしゃれカフェめして感じ?←盛りすぎね、ハイすみません〜f^_^;)。



↑ハッシュドビーフ


↑オムライス 

牛すじを煮込み、デミグラスソースを加える前に取り分けた滋味深いスープは金曜日の夕食でポトフーにしたらかなり美味しくて! スープまで余すことなくいただくことができました。



↑ポトフー

最後は週末のブランチ、ピザトーストのソースにしていただきました。


↑ピザトースト

週末作り置き本とか、仕事でレシピ担当多いんで、影響されてはいろいろしてきたけど、今回ほど実は平日に楽できたものはなかったと思う。
たとえば筑前煮をがっつり作っても一週間も続けて食べられないし、飽きてしまうものね。
今回のは、牛すじを煮込む時間はかかったけど、とろ火にかけとくだけだし、そのあとのアレンジメニューの時短効果のほうが高かった。
冬は毎日鍋、なんてこともよくあるけど(具材を変えるから飽きないし野菜がしっかり摂れるから)、たまにこういうのもいいなと思いました(*^-^*)。 
| りこ&とこ | 19:58 | comments(0) | - |
好きすぎる「冬柑」

お気に入りの酎ハイ缶「本搾り」には、季節ごとに限定品が登場します。
この冬の限定品は、「冬柑」で、かぼす、すだち、ゆず、グレープフルーツが入っていて、これがすっごく美・味・し・い。
限定品がないときは「レモン」が常備品ですが、今は買い物のたびに持てるだけの「冬柑」を買うものだから、冷蔵庫のアルコールは「冬柑」一色になってきました(笑)。
かなりお気に入りなんです。


↑本搾り「冬柑」

さて、こんまりさんの「ときめき片づけ」を着々と実行している私、この日は衣類系の最後の靴を片づけたあと、第2ステージの本類に入りまして、卒業(?)した本、面白くなかった本、エトセトラ、とにかく残したい本以外はぜーんぶ処分しました。
もう読むことはないけど自分形成の転機になったような本、最近心に残ってまだ手元に置いておきたい本以外はさっぱり・すっぱりと。

mちゃんに車を出動してもらい、折り目などがなく売れるものは近所のブックオフに出しに行きました。
査定に1時間くらいかかるというので、その間に近くのスーパーで買い物していたら、「冬柑」を見〜つけた(^ω^)!!
しかも1缶103円と特売していて、わあやったあ、車だしいっぱい買っちゃおうと大喜びしている私を見て、mちゃん店員さんに訊いてくれました。

「これ、箱で買えますか?」

わお、箱で!?
なんつー嬉しいことを思いつくのだろう、mちゃんたら。
するともうこの冬じゅう、「冬柑」安泰!?
と嬉しすぎる展開にほくほくしてブックオフに戻りますと、査定しおわってもらった額が、まさに「冬柑」1箱分くらいで、本棚がすっきり片づいた分がひと冬分のお気に入り酎ハイになったというわけなのでした。


↑ついに箱買いとなった「冬柑」

それにしても、「冬柑」ちょっと好きすぎ?

| りこ&とこ | 21:00 | comments(2) | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

Recommend

明日の天気


-天気予報コム-

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode