Entry: main  << >>
秋の小楢山を歩く
コース:塩山駅=(車)⇒フフ山梨付近駐車場→父恋し路→大沢ノ頭(1674.6m)→幕岩→小楢峠→小楢山(1712.5m)→一杯水→小楢峠→往路戻る


↑コース絵図

立川から各停の甲府行きの始発電車を待っていると、半数以上はザックを持った人たち。

山シーズンも終盤に近づき、登山バスの運行も高い山から運行が終了しますから、最後のにぎわい。

紆余曲折の末、当初の予定の前半を一緒にやる予定だった山友と山梨県の小楢山(こならやま)へ。

 

小楢山は、近年焼山峠に行くバスができたからやりやすい山になりましたが、今回は山友が塩山駅で拾ってくれ、南側の登山口より周回コースとしました。

山梨市のサイトより入手した地図を参考にしてフフ山梨の先にある駐車場に車を置いてスタートです。




↑林道

1時間ほど林道をゆるく登り、左手にある父恋しコースの入り口から入ります。


↑父恋し路の入り口

石仏の点在するやや荒れぎみの道を進むといったん林道に出て、正面にある登山道にまた入ります。


↑路が落ち葉に覆われていました


↑再び林道と交わり、小楢山を仰ぐことができます

実は、この入り口にある案内板だとこちらが母恋しコースで、左に行く林道が父恋しコースのような書き方なので、間違えて林道をさらに登ってしまいましたが、途中でおかしい!と友が言い出して戻りました。

母恋しコースかもしれないけれど、仮にそうでも山頂には行けるのだからと入ったコースは正解の父恋しコースで、急登をぐいぐい登ってお目当ての白雲の滝も通過することができました。


↑いいお顔の石仏




↑白雲の滝

岩がちで歩きづらいですが、難しいコースではありません。

リボンマークもあります。

白雲の滝は名前負けの残念な滝ですけどね。





↑コースの様子
 

それと、急登の合間に点在するポイントで確認しようとして気づいたのですが、私、地図を落としてしまいました。

ないほうが間違えないですむ迷惑な案内板に惑わされて林道を登り、引き返したりした辺りと思う。

地図は登った山々に日付、歩いた道に赤線が引いてある記録帳でもあり、落としたことがずうっと心に引っかかりながら登ってきたので、こちらが父恋しコースで正しいとわかったけれど、回収するには母恋しで下ってからまた林道を登らないとなあ、とかそのことを考えながら登りました。


↑大沢ノ頭より南アルプスを望む
 

ひたすら登って大沢ノ頭に出ると、南アルプスまで見渡せ、富士山もうっすらと見えました。

果物ですいてきたおなかをなだめ、昼食は小楢山までお預け。

 

幕岩に来ると、大きな岩にグループが取り付いています。

クサリ場ですが凹凸のある岩なので、これはできそうだと登ります。

大岩に出ると視界良好で、しばし眺めを楽しみます。



↑クサリ場


↑幕岩からの眺め。カラマツ越しに南アルプス
 

幕岩を下りて、気持ちよい雑木林の中のコースで小楢峠へ。

峠からひと登りで小楢山の山頂へ出ます。

山頂は広く、真正面に富士山。

あたりのカラマツや白銀に輝くシラカバも美しく、なかなか素敵だ。

私、この山は好みだなあ!


↑小楢山より富士山を望む


↑北側は白樺林




↑壮大なビュー

 

ポカポカ陽気の中、1時間ほどのんびり過ごしました。

昼食は北海炊き込みごはん(〇〇の素で)をおにぎりにしたけど、ハンパな味だった。鮭、ホタテ、昆布やらがボヤけた感じ。

味噌汁代わりのミニラーメンに半熟玉子を入れたもののほうが今日は美味しかった。

デザートにみかん。カフェオレにハチミツ入りのマシュマロをのせたら甘くてこちらも美味しかった。


↑青空を背景にした白樺が美しい

 

下山はいったん焼山峠のほうに下り、一杯水を経て小楢峠へ戻り、母恋し路で。

こちらのほうが岩がちな父恋し路より歩きやすいです。




↑いい感じ〜ラブv

紅葉を愛でながらサクサクと下ります。
山頂付近は歩きよい雑木林で、下るにつれ岩が多い箇所もあります。


↑コースの様子

林道に出ると、こちらの母恋し路入り口の案内板もなんだかさっぱりわからない。

何がおかしいのか?と友と検証しましたが、林道との交わり方が違うし、父恋にあったほうは林道を書かないで登山コースだけを書いているからわからないのだ。

 

検証はともかくとして、林道をさらに登り、父恋の入り口を過ぎて間違えて歩いた林道をガシガシ行くと、ありました。

大事な大事なマイ地図(ノД`)。!!

道の端にぽつんと落ちていました。

ささやかな持ち物でも、なくなるとけっこうつらいもので、再び手もとに戻ってきて本当に嬉しい。

 

無事に地図を回収し、林道をザクザク下って下山しました。

 

* * *

 

この週末は、残した夏休みを足して奥秩父の縦走(甲武信岳〜武信白岩山〜白泰山)を予定していたのですが、休みに入る前に面白いけど重たい植物図鑑の仕事を抱えてしまい、猛烈作業をしつつ不安定な天気予報に翻弄され、テント泊の準備も進めつつ、単独ではなかったこともあり、コース短縮するかとかアレコレ悩みすぎて疲れて果て(ーー;)、結局、再び夏休みを取り下げてしまいました。

フタを開けてみるとポカポカの小春日和の週末で、小楢山をとても楽しんだのに、やりたかったコースは今年はもうおそらくやれないだろうから、どこか淋しい気持ちだ。

嗚呼、10月中旬から11月上旬あたりで登山バスは次々終了するし、そうしたら山々は、また永い長いながい、冬の眠りにつきます。

| りこ&とこ | 21:00 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Recommend

明日の天気


-天気予報コム-

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode