Entry: main  << >>
鶏足山 〜沼津アルプス<後篇>〜

コース:沼津駅=(東海バス)⇒木の宮バス停→横山峠→横山(183m)→八重坂峠→鶏足山/香貫山(193m)→黒瀬バス停⇒沼津駅

 

↑コース絵図

 

鶏足山とりと書いてもわかりませんね。沼津アルプスの北端の山、香貫山(かぬきやま)の別名です。

2月に南端の大平山から徳倉山までを登頂したので、今回はその続きで、残りの横山と合わせて登ることにしました。

18きっぷでmちゃんと在来線で向かい、沼津駅から8時35分のバスに乗り、木の宮というところで降ります。

 

↑沼津市のマンホール(木の宮付近)

 

沼津商業高校方向にしばらく歩くと、トンネルの手前、右側に沼津アルプスの登り口の案内板が見つかります。

 

↑登山口

 

登山道に入ってゆるゆると登っていくと、南の徳倉山からの道にぶつかり、縦走路に合流することができました。

ここが横山峠。

 

↑横山峠。沼津アルプスの道しるべはにぎやか

 

ここ半月ほどかなりハードスケジュールだったのが、ピークを越えたあとに気がゆるんだか風邪を引き、病みあがりならぬまだ病み中なのですが、山に行ったら治るとうそぶいて登山している今日であります。

従って、ペースはノロノロです、笑。

 

↑登山道

 

それでも1時間かからずに横山山頂に着きます(9:35)。

 

↑横山山頂

 

少し休憩し、ロープが設置された急坂を下って八重坂峠へ。

 

↑ロープ場を振り返る

 

横山も香貫山も独立した峰なので、いったん下って車道に出、あらためて登り返す形になります。

ちょっと面倒くさいですね。

 

↑香貫山入り口に向かう

 

香貫山登山口から登山道に入ると、コースがいろいろあってわかりづらいです。

それでもよく陽の当たるところにはイヌフグリが群生し、その近くに一輪のスミレも見つけました。

ようやく春が来ましたね。

 

↑イヌフグリとスミレ

 

沼津アルプスのコースどりになるように道を選んできたけれど、山頂を踏むためにコースを外れると、桜台というところに出ました。

陽のよく当たる場所で桜がほころんでいて、あずまやもあるものだから、こちらで昼食にすることに。

午前中に終わりそうなコースどりでしたから、小さめのお弁当にしたけれど、移動中に「お腹すいた〜」と言い出したmちゃんが崎陽軒のシウマイを買ったから、けっこう豪華になりました(写真撮る前にmちゃんがパクパク食べちゃったから画僧なし)。

 

↑桜台へ

↑一部のみ咲いていた桜

↑本日のお弁当

(鶏五目飯、しそささみカツ、春巻き、そら豆)

 

↑桜台から伊豆方面を望む

 

コーヒーで締め、山頂に向かいます。

山頂は標識だけの味気ないところですが、展望台へ向かうために何かの施設の裏に回ると、前回登った沼津アルプスの峰々がよく見渡せました。

 

↑香貫台山頂(証拠写真)

 

↑沼津アルプスの南側の峰々

 

展望台は360度の視界が広がり、素晴らしい眺めです。

富士山は雲が隠していたけれど、駿河湾の海岸線は美しく、伊豆側、沼津アルプスの南側と見渡せます。

 

↑展望台から富士山方向

↑展望台から・沼津市駿河湾方向

↑点号台から伊豆方向

 

眺めを存分に楽しみ、車道メインでサクサクと下山しました。

 

↑途中にあった五重の塔

 

黒瀬町に下り、私は沼津駅まで歩くつもりでしたが、mちゃんがめざとく次のバスは5分後なのを見つけ、黒瀬バス停からバスで沼津駅へ。1kmしかないのに勿体ないなあ。貧乏性

再び沼津駅に戻り、本日のプチ登山を無事に終えました。

 

* * *

 

*「メゾン・マミ」へ

コインロッカーに預けておいた手土産と登山に関係ない荷物を回収し、本日第2弾のお出かけへ向かいます。

沼津駅から三島駅へ電車移動し、駅前の無料シャトルバスに乗って、クレマチスの丘へ。

バス停からすぐ!近くにある、「メゾン・マミ」という私設美術館を訪ねます。

ここは、私の勤める校正会社の元社長、マミコさんの自宅でもあります。

土日の午後だけ開館するこの小さな美術館は、今は「後藤愛彦展」を開催中です(6月25日まで)。

灼熱のサハラ砂漠の太陽を描いたという500号の大作が迫力満点!

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ(o^^o)。

きっと観に行ってよかった!と思いますよ。

 

↑メゾン・マミ「後藤愛彦展」

 

絵を眺め、1時間ほど楽しいお喋りのひとときを過ごし、おいとましました。

美味しいコーヒー(器も素敵)をご馳走さまでした。

 

* * *

 

再び三島駅に戻り、電車に乗ってゴトンゴトンと在来線に揺られます。

海と富士山を眺められる東海道線は18きっぷ旅に適しています。

長い乗車時間に読書もたっぷりできるから、ちっとも退屈しません。

まだ残っている18きっぷで、さて次はどこに行こうかなと楽しい考え事をしたりしながら(mちゃんの切符だけど、笑)、のんびり帰りました。(3/15UP)

| りこ&とこ | 21:00 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Profile

Recommend

明日の天気


-天気予報コム-

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode