Entry: main  << >>
鶏冠山・竜王山 〜金勝アルプス〜

草津駅=(帝産バス)⇒上桐生→落ヶ滝→鶏冠山→天狗岩→耳岩→白石峰→竜王山→白石峰→駒坂磨崖仏→逆さ観音→オランダ堰堤→上桐生→草津駅

 

↑立派なコース案内板

 

親戚の子どもの少年野球チームが県代表で全国大会!に出場することになり、滋賀県へ応援に駆けつけることにしました。

滋賀県には今年行きたい山があったこと、実家に保留にしていた用事があったこと、ここひと月ほど休日が何日もつぶれていたので代休をとりたかったこと、などが頭の中にあり、それらを組み合わせて月曜を休みにし、西へ向かいました。

土曜日に応援をした日はそのまま彦根に宿泊し、翌日、金勝(こんぜ)アルプスを歩きました。

金勝アルプスは、コンパクトな範囲にいろいろな要素がギュッ!と詰まった、地元で人気の山域です。

 

↑駐車場には立派なバイオトイレがある

 

草津駅からバスに乗って、終点の上桐生(かみきりゅう)へ。

バス停から道しるべに従って少し行くと、左手に案内板があり、駐車場、トイレのある登山口へと続きます。

駐車場に車を駐(と)めた登山者が2組、登山口に入っていくのが見え、メジャーな山なのだなと認識。

トイレを済ませ、登山口から入ると歩きよい林道で、ゆるゆる登れます。

 

↑北谷林道

 

ほどなくして右側に落ヶ滝の分岐が現れ、土道になります。

畑を右に見ながら平坦な沢筋を行き、やがて登りになります。

 

↑林道から登山道へ入る

 

↑沢沿いの道

 

↑スズメバチに注意

↑大きな岩を登る。ロープあり

 

落ヶ滝は鶏冠山へ向かうコースからいったん外れ、往復になります。

はしょってもよいですが、せっかくなので見学します。

 

↑落ヶ滝へ

↑落ヶ滝

 

再び分岐に戻って鶏冠山(けいかんざん/とさかやま)とりを目指します。

浅い沢を渡ったり、ヤブっぽいところがあったり、ロープのある岩場があったり、実に変化に飛んでいます。

鶏冠山と天狗岩を結ぶ尾根まで出、急登で山頂に立ちました。

 

↑ビューポイント

↑いろいろな地質が展開

↑イワカガミかな?

 

樹が多いのと曇りと春霞で、あまり視界はよくないですが、今回の目的地は達成しましたので、ザックを下ろして休憩。

クリームパンとカフェオレで、30分ほど過ごしました。

 

↑鶏冠山山頂

 

若者グループと入れ替わりに再び歩き出し、先ほどの分岐まで戻り、そのまま天狗岩へ。

稜線のためときどき景色が開け、琵琶湖を眺めることができます。

 

↑鶏冠山からの下り

↑アセビ

↑鶏冠山から天狗岩への尾根

↑大きな岩が山肌からのぞく景観

↑尾根からの眺め

 

天狗岩は登り口にベンチが2、3台あり、皆さんザックを置いて岩に取り付いているようなので、私もそうします。

ロープもあるし、手すりなどが設けられているので、わりとスイスイ行けたのですが、最後の大岩は登れても下るのが怖そうだったため、諦めてしまいました、笑。

ベンチに戻り、再び歩き出します。

 

↑天狗岩を振り返る

↑白石峰方面へ向かう

 

耳岩を経て白石峰へ。

ここで昼食にしようかと思っていましたが、グループが宴会昼食を始めるご様子でしたので、先に竜王山を往復しました。

途中の尾根上で見える近畿の低山がいくつもいくつも連なる様子が美しい。

 

↑美しい周辺の山並み

↑白石峰からすぐの茶沸(ちゃわかし)観音が素朴

 

竜王山には三角点はあれど、なぜか山名標識はなし。

山頂からの景色も一方向のみでいまひとつでした。

しかし、落ヶ滝を往復するときにすれ違った女子グループが山頂にいらして、関西弁でのお喋りが久しぶりで楽しいひとときになりました。

 

↑竜王山からの眺め

 

白石峰に戻り、ベンチで昼食。

今日はきのう買った柿の葉寿司と燻製卵です。

どちらも1個ずついただいて、すぐに下山を開始します。

 

↑本日の昼食

 

ガイドブックに一見の価値ありと書かれた駒坂(こまさか)磨崖仏へ向かいます。

途中に、重ね岩という大岩がふたつ重なったポイントもあります。

また、琵琶湖がよく見えるビューポイントがあり、しっかり見収めておきました。

 

↑重ね岩

↑春霞の琵琶湖を望む

↑急坂

 

岩の多い歩きにくい日蔭の急坂を足元に気をつけながら下っていくと、大きな岩盤に彫られた三仏が現れ、思わず息を呑みました。

しん……とした森の中に圧倒的な存在感で、しかし静かにあるそれに魅入られ、しばらく茫然と見つめていました。

見つめているうちに心が静まっていき、何か特別な、たいへん貴重なものに出逢ったという思いで、立ち去りました。

あとでガイドブックを読み返したら、国指定史跡とありました。

 

↑道が狭くなっているところも

↑狛坂磨崖仏

 

それからさらに下っていくと、道が歩きよくなってきて、新名神高速道路のトンネルから先は車道に切り替わります。

なるべく早い時間のバスに乗りたいため、アスファルトの道を速足でどんどん下ります。

 

↑こちらの下山コースは人が少なく静か

↑樹に生えるきのこ

↑道が広くなってきた

↑トンネルの上が新名神高速道路

↑最後は車道歩き

 

途中、さかさ観音を見学します。

説明板によると、もともと逆さなのではなく、ひっくり返ったのだそうです、笑。

 

↑さかさ観音

 

そのあともズンズン下り、オランダ堰堤を経て14時台に1本しかないバスに乗り込むことができました。

そのあと、草津駅から広島に向かいます。

駅に着いたらコインロッカーに入れておいた荷物を回収し、折りよく快速が来たのでまずは京都へ。

接続がよくチャキチャキ来た列車に乗り換えたら案外に早く広島駅まで着き、広島では絶対!の麗ちゃんのお好み焼きを母と私の2枚買い、それを手土産に帰ります。

カープ酎ハイなるもので母と乾杯し(少々迷惑そうでしたが)、寄り道登山を締めくくりました。(4/1UP)

 

↑本日の締めくくりは広島お好み焼きとカープ酎ハイ

| りこ&とこ | 21:00 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile

Recommend

明日の天気


-天気予報コム-

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode