Entry: main  << >>
清八山・本社ヶ丸・鶴ヶ鳥屋山

コース:河口湖駅=(富士急山梨バス)⇒三ツ峠登山口バス停→大幡八丁峠→清八山(1593m)→本社ヶ丸(1630.8m)→鉄塔→角研山(1377m)→鶴ヶ鳥屋山(1374.4m)→近ヶ坂橋→初狩駅

 

↑コース絵図

 

大月駅でJRから富士急行に3分の乗り換えを無事に終え、のんびり乗っていると、真っ白な富士山が向かいの車窓から見えている。

富士山はその後も車窓を右に左にと位置を変え、河口湖までついてきてくれました。

 

↑富士急行のどこかの駅から撮った富士山

 

河口湖駅から天下茶屋行きのバス(09:05発)に乗り、三ツ峠山登山口で降り、まずは清八山(せいはちやま)を目指します。

清八山方面に登るのに、富士急行からさらにバスに乗るという無駄に時間と交通費をかける人はあまりいないかも?

でも、鶴ヶ鳥屋山(つるがとやさん)とりとセットの長〜いコースにしたときに、気持ちがダレないうちに稜線に上がりたくて、このようなコースどりを選びました。

早い時間に登りをやっつけて、下山に林道ダラダラクールダウンというのが、私の好みだ。

 

↑河口湖駅

 

河口湖駅をなぜか5分遅れで出発したバスは、さらにじわじわと遅れ、15分くらい遅れて9時45分に三ツ峠登山口に着きました。

きほん登山者のためのバスと思うので、もう30分早い時刻だとよいのだがと思っていたくらいなので、遅れるのはイタイ(>_<)。

すぐに歩きだしたから、降りてから準備を整えたりしていたたくさんの登山者がどちら方面に歩き出したかは不明。

私の前を歩いていたただ一人の登山者は、三ツ峠山方面へ登っていきました。

 

↑林道から稜線を眺める

 

↑上からミネザクラ、ハシリドコロ、ダンコウバイ

 

遅れを取り戻したく、林道を早足で進む。

アブラチャン、キブシ、ミネザクラなどが咲いています。

 

↑林道

 

ようやく登山道に入ると、明るい尾根で、よく整備されている印象。

樹間から見える富士山が白く美しい。

 

↑大幡八丁峠まで約1時間かかった

 

↑よく整備された登山道

 

↑富士山

 

清八山山頂に岩をよじ登るようにして着くと、大きな富士山がバーンと眼前にあり、右奥に南アルプスが控える。

清八山は、本社ヶ丸(ほんじゃがまる)とセットで大月市選定の秀麗富嶽十二景の12番山頂ですが、これほどとは!

立ち去るのが惜しく、よーく目に焼きつけます。

 

↑清八山山頂からの眺め

 

続いて本社ヶ丸へ。

稜線歩きが気持ちいい。

 

↑本社ヶ丸に向けて歩く

 

↑鶴ヶ鳥屋山まで190分とな

 

こちらも岩がちなところを登って山頂へ。

あまり広くないけれど、富士山はバッチリ。

今日はここで昼食にします。

 

↑岩っぽい山頂付近

 

↑本社ヶ丸山頂

 

本日のお弁当はわっぱ弁当に入れてきたけど、今日は天気がよすぎて重く感じました。

でも先が長いから、ちゃんと食べないとシャリバテします。

 

↑本日のお弁当

 

30分ほど過ごし、いよいよ本命の鶴ヶ鳥屋山へ。

本社ヶ丸からは150分と道しるべにあります。

その間のポイントの鉄塔までは45分、角研山には20分と山地図アプリにはあり。

 

↑本社ヶ丸山頂付近で見かけたフデリンドウ

 

↑明るい登山道

 

↑鉄塔手前の下りは整備された階段が崩れていて鉄がむき出しで危ない

 

 

↑鉄塔からの眺め

 

↑いい感じの道

 

昭文社の地図には、角研山から笹子に下る道があるように書かれていますが、道しるべの表記はなく、下りたいかたたちがしきりに道を探していました。見つかったかな。

 

本社ヶ丸から角研山、鶴ヶ鳥屋山まで、道は長いけれど概ね起伏がゆるやかで、美しいブナ林があり、たいへん気持ちよく歩けました。

林床には多くはないけれど、エイザンスミレがポツリポツリと咲いているのにも出逢いました。

 

↑角研山

 

↑芽吹き

 

↑エイザンスミレ/叡山菫(スミレ科)

 

↑登山道の写真が多い?

 

↑タチツボスミレ/立壺菫(スミレ科)

 

鶴ヶ鳥屋山は展望がない山頂で、休憩するのに手頃な岩もないしで、飲み物を飲んで少し休憩したら下山にかかります。

日が長い季節になったとはいえ、今日は下山が遅めなのであまりゆっくりはしていられません。

前にも後ろにも登山者がいる気配はなく、熊鈴をつけて下ります。

 

↑鶴ヶ鳥屋山山頂

 

ずっと下るだけかと思いきや、まだ登りもあり、沢沿いの林道に出るまでが長く感じられました。

 

↑滑りやすそうな急な下り

 

↑ブナの新葉も今日の暑さに少々しなびているような

 

↑ミツバツツジ

 

↑一度車道に出てまた登山道に入る

 

↑もう里が近いはずなのにまだこんなよ

 

↑やわらかい緑がきれい

 

とりあえず林道に出たところでほっとし、そのまま下って712号線へ。

 

↑林道

 

↑山吹が疲れを癒す

 

車道に出れば、あとは初狩駅まで足を前に出せば着くので、淡々と。

 

↑屋根に乗り出してのご声援(?)、ありがとうございます

 

とはいえ、リサーチしていた初狩駅から歩いて行ける鉱泉への寄り道はやめておきました。

 

↑駅付近の見事は八重桜

 

↑花がふさふさで白とピンクで見事

 

駅に着いたのが17時半。

今日の歩行距離は13.5kmほど。よく歩きました。(5/11UP)

| りこ&とこ | 21:00 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

Recommend

明日の天気


-天気予報コム-

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode