Entry: main  << >>
18きっぷで、ハンタマゆりパークへ

高原山(鶏頂山)とりの下見にと思い、mちゃんと18きっぷで鈍行&快速電車で楽々ハイキングにお出かけ。

ゆりが最盛期のハンターマウンテンゆりパーク(栃木県)へ。

約4時間かけて那須塩原駅まで行き、9時15分発の予約制無料シャトルバスで1時間。

シャトルバスの乗り場では、珍しい大型のゆりがプランターに植えられ、出迎えてくれていました。

 

↑ウエルカムのゆり

 

今日はたっぷり読書するつもりで本をリュックに入れてきたけれど、昨夜、読みかけの本を夜更かしして最後まで読んでしまい、就寝1時半、起床3時半で眠くてしかたない。

電車でもバスでも、グーグー寝ているうちに、ゆりパークに着いちゃった(-。-;。

 

↑リフトの下はゆり畑

 

帰りのシャトルバスの時刻が決まっているので、滞在時間は2時間半です。

なので登りはフラワーリフトを使い、下りは歩くことにします。

皆さん同じパターンですが、車で来るかたのほうが多いようです。

 

↑リフトを降りるとゆりタワーがお出迎え

 

秋の紅葉シーズンにはゴンドラが運行されるそうなのですが、もらったパンフレットを帰路の電車の中で見ると、秋はどうもシャトルバスがないようなので、作戦を立て直さねば。

 

↑上がOHソルボンヌ、下がASポリアナ…たぶん

 

それはともかく、ゆり畑の上をリフトでスイスイと上がり、白樺が美しい高原に広がる色とりどりのゆりを観て回ります。

大型で一株でも存在感のあるゆりが、 ずらりと咲く様子は、圧巻。

見たことのないものばかりでしたので、写真をたくさん撮りながら、園内を歩きました。

 

 

 

↑白樺の丘周辺

 

 

↑鮮やかなオレンジ色や黄色は目を引きます

 

↑上はASブルネロ、下がOHアボガド…たぶん

 

 

↑トンボや蝶にも会える

 

 

↑お花見しながら下る

 

下ったときが12時くらいで、復路のバスが出る12時45分まで食事ができそうなので、昼食に。

ゆり根などの天ぷらがついたゆり根入りざるうどんをいただきました。

デザートは、ゆりソフトのミックスとゆりずくしです。

 

↑上はゆり根を練りこんだというざるうどんのセット(ゆり根の天ぷらもある)、下はゆりソフト・ミックス(花の香りがついたソフト)

 

運動量が少なく汗もたいしてかかなかったので、予定していた西那須野駅(那須塩原駅の隣駅)途中下車の乃木温泉の寄り道は端折り、再び電車に乗り、帰路につきました。

那須塩原駅から温泉郷を素通りしてハンタマに行き、ハンタマからやはり温泉郷を素通りしてって、勿体ないです。

ぜひ那須塩原温泉と提携して、割引券なども配って、ハイカーの利便性と地域活性化を図ってほしいものです、はい。(8/7UP)

| りこ&とこ | 21:00 | comments(0) | - |
Comment








Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Profile

Recommend

明日の天気


-天気予報コム-

Search

Entry

Comment

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode